FITTING GUIDE

御注意-アップグレード・キットの装着は専門のメンテナンス・ガレージにて行ってください!

はじめに

装着作業に入る前に、下記のパーツが全て揃っているか確認してください。

  1. 6ポットまたは4ポット・キャリパー x 2
  2. ブレーキ・ディスク・ローターx 2
  3. キャリパー・ブラケットx 2
  4. ブレーキ・パッド x 1セット(4枚)
  5. ブレーキ・ホースx 2

ブレーキの取り外し

Step 1.

車をジャッキ・アップし、ホイールをはずします。

Step 2

ブレーキホースをキャリパーから取り外し、オリジナルのキャリパーを取り外します。

Step 3

オリジナルのディスク・ローターを取り外します。

準備

Step 4

ローター・ハブの表面をサンド・ペーパー等できれいにし、ローター接合面にサビ、凹凸がなくフラットであることを確認ください。

Step 5

正しく装着ことを確認するため、新しいキャリパーブラケットを当て見てください。
オリジナルのキャリパーブラケットに、タロックスのブラケットをボルトで取り付けます。このとき締め付けすぎないようにしてください(取り付け後調整が必要な場合があるため)。

Step 6

ハブ、ローター、ブラケットのクリアランスをチェックするため、ローターを当ててみます。車によっては、正しいクリアランスを取るため、ブラケットの加工、シムが必要になる場合があります。

取り付け

Step 7

オリジナルのマウント・ポイントを使い新しいディスク・ローターをハブに取り付けます。

Step 8

新しいキャリパーからホース用のボルトを取り外します。

Step 9

キャリパーをブラケットに当て、クリアランスをチェックします(正しいクリアランスを取るため、シムを追加、または、ブラケットを加工する必要な場合があります)。

Step 10, 11

キャリパーとブラケットをボルトで締めます。メーカー指定のトルク値を参照ください。

Step 12, 13, 14

新しいブレーキ・ホースを取り付けます。ワッシャーが正しく装着されていることを確認し、しっかり取り付けされているか確認してください(締め付けすぎに注意)。

Step 15, 16

ブレーキ・オイルのエア抜きをします。必要な場合は注ぎ足します。

Step 17

タイヤ・ホイールを当て、クリアランスをチェックします。正しいクリアランスを取るためにスペーサーが必要になる場合があります。スペーサーを使用する場合は、長めのスタッドボルトを使用してください。

Step 18

クリアランスが取れた後に、タイヤ・ホイールを取り付けます。メーカー指定のトルク値で締め付けます。


  • 車を発進させる前に、パッド位置が適所に来るよう、また、ローターに均一に当たるように、ブレーキペダルをポンピングしてください。
  • ディスク・ローターとパッドは、走行距離約500~650キロの間は過剰なブレーキはなるべく避けるようにしてください。ローターがオーバーヒートし歪みの原因となります。